★生命保険の選び方は家庭によって違う!過不足のない保障で安心した備えを!!★

生命保険はたくさんの商品が販売されているので選ぶのに困りますよね。しかも、保険金額や保障範囲も様々なうえ、家族によって最適な保障は異なることから保険は難しいと感じる人が多くいます。そこで今回は、一般的な家族に最適な生命保険の選び方を解説していきたいと思います。まず、子供がいない夫婦の場合は配偶者の経済状況によって保障額は異なってきます。共働きの場合は、夫に万が一のことが起きても妻は経済力があるため、保障額は葬式代や収入を補てんする程度で大丈夫でしょう。ただし、住宅ローンによりマンションを購入していた場合、妻の名義分もあればその分のローン支払いは免除されません。この場合は、ローンを考えて保障額を事前に多めにしておくと安心です。いっぽう、専業主婦の場合は、収入がゼロになる可能性があるので、収入保障保険などを利用して手厚くかけることをおすすめします。定期保険なら掛け金が高くても毎月の保険料は割安なので負担も軽く便利です。次に、子供がいる場合は、上記に加えて養育費を上乗せしておく必要があります。子供の養育費は高く、オール公立でも大学まで卒業すれば1000万円以上はかかってしまいます。学資保険など積み立てタイプの商品もあるので、有効活用していきましょう。最後に、子供が独立した家庭の生命保険の選び方は、死亡保障は少なく、医療や介護保障を手厚くすることです。養育費もかからず、ローンの支払いも済んでいる家庭が多いと思います。なので、死亡保障は葬式代などの最低限にし、これから通院が増えていく時期に備えて余った分を医療保険などに手厚くかけていくことが重要です。老後の生活費が不安な人は個人年金保険に加入しておくと、日々の生活も安心です。最近では、アフラックが販売するWAYSのように生命保険の加入当初は死亡保障のみですが、払込満了期を過ぎた後に死亡保障の一部を医療保険や個人年金に変更できる商品があります。将来ずっと先のことなんか今は予測できないという人は、WAYSのような商品を選んでおくと良いでしょう。以上のように、生命保険の選び方は年代や家族環境によって異なってきます。まずは今の家計の支出と将来の支出額を貯蓄とのバランスを考えながら過不足のない保障をつけておくようにしてください。

生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>